就労継続支援A型事業所では、ホームページの作成など、習得しているスキルを活かした作業に取り組んでいます。スキルを活かして、人に教える作業も行ってもらっています。 アプリゲームの開発など、チームとして取り組む作業もあり、プログラミングやIllustrator、Photoshopなど、それぞれの得意分野を活かしながら作業に参加してもらいます。 就労移行と同じく今後はパソコン教室の講師などの予定もあります。

 

就労継続支援A型のサービス内容

就労継続支援A型とは、障がいのある方が一般企業への就職が不安、あるいは困難な場合に、一定の支援がある職場で雇用契約を結んだ上で働くことが可能な福祉サービスのことです。
そのため、就労継続支援A型事業所で働く人はその事業所がある県に定められた最低賃金、またはそれ以上の賃金が支払われます。
就労継続支援A型事業所では、原則18歳以上65歳未満の障がいのある方が対象になります。
利用期間・利用期限などは定められていません。
就労継続支援A型事業所のサービスを受けるには障害者手帳を持っていることが条件であると思われがちですが、必ずしも障害者手帳が必要なわけではありません。